各種ガジェットとかカメラとか無線とかと過ごした日々の記録

イエスタディズ

広告-レスポンシブ

無線

はんだ付け不要!VX-8D PC接続ケーブルの製作

更新日:

材料

  1. FT232RL USBシリアル変換モジュール (秋月電子通商)
  2. 2×5Pメス/10Pメス(分岐) 2.54mmピッチ コネクタ付ケーブル (秋月電子通商)
  3. miniUSBケーブル
    材料費は1,500円ぐらい。

作り方

  1. コネクタ付きケーブルから両端のプラのカバーを外します。矢印部分を精密ドライバなどで引き上げれば、簡単に抜けます。両端金属コネクタが露出したケーブルを3本作ります。
  2. VX-8Dマイクコネクタに先ほどのケーブルを一度挿しておきます。金属コネクタがピンの太さで若干広がります。
  3. 3本のケーブルの金属コネクタをビニールテープで絶縁します。熱収縮チューブがあればそちらの方が楽。
  4. 絶縁したケーブルをVX-8Dマイクコネクタの4番ピン、5番ピン、6番ピンに挿します。
    写真では4番ピン:緑(GPSデータ出力)、5番ピン:青(GPSデータ入力)、6番ピン:赤(GND)です。
  5. ケーブルの反対側はUSBシリアル変換モジュールの該当ピンへ挿します。青(5)-TXD、緑(4)-RXD、赤(6)-GNDです。ユルユルですぐに抜けてしまう場合は、矢印の部分を押し込むとキツくなります。
  6. 完成!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

動作確認

  1. PC(Windows)と接続する前に、ドライバのインストールを行います。FTDIのサイトからVCPドライバをダウンロードします。「setup executable」ファイルが最適です。
  2. miniUSBケーブルを使用して変換モジュールをPCに接続します。先にインストールしたドライバが自動的に適用されます。
  3. メモリ編集ソフトの定番FTBVX8Jを準備します。(この接続ケーブルを必要としている人は、既にお持ちかも。)
  4. デバイスマネージャまたはFTBVX8Jの[Setting]→[Com port Detector]でケーブルのCOMポート番号を確認し、FTBVX8Jに設定します。
  5. FTBVX8Jの「Read Radio」でVX-8Dからデータが送信できたら、成功です。

最後に

 意外と簡単に安価にできたPC接続ケーブル。見た目がアレなのと取り回しが面倒なので、頻繁に使う人は素直にヤフオクやeBayでケーブルを買った方がいいでしょう。
 また、秋月には同等機能でもっと小型の変換モジュールやケーブルがあるので、それらを検討してみてもいいでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-無線

Copyright© イエスタディズ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.