各種ガジェットとかカメラとか無線とかと過ごした日々の記録

イエスタディズ

広告-レスポンシブ

無線

FT2Dの奇妙な文字入力

投稿日:

post-5043-1
 ADMS-8が登場してFT2D本体でメモリーネームを入力する事はほとんど無くなったのだが、ここでFT2Dの奇妙な文字入力について書いておく。
 見た目はガラケー的でこれだとサクサク入力できると思わせておいて、実際入力すると戸惑うのだ。
 まず漢字は前世紀の単漢字変換。しかも音読みで並べられた表から選択する。ひらがな・カタカナはテンキーで慣れ親しんだケータイ方式で入力する。が、戻るキーがないので、例えば「い」を入力したくて、うっかり[あ]を3回押してしまった場合にはあと4回押さねばならない。
 [INS]キーに至っては、空白をカーソル位置に挿入してくれるだけ。てっきり挿入モードになるのか思っていたらそんな芸当はできなかった。
 極め付けは[×]キー。普通このマークといえばバックスペースでしょう。ところがその期待を裏切り「カーソル位置の文字を消す。」という動きをするもんだから、つい余計な(消したくなかった)文字を消してしまい、イライラするのであった。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-無線

Copyright© イエスタディズ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.