お知らせ

本サイトは2018年7月29日をもって移転しました。
ブックマークの変更をお願いします。
新しいURLは、yesterdays.jpです。

広告-レスポンシブ

無線

RH770 高利得ハンディーロッドアンテナ

post-5606-1
 対応周波数範囲には多少目をつぶり、アマチュアバンドでの性能を重視したアンテナを入手した。DIAMONDのRH770である。一応アマチュアバンド以外では300MHz帯の受信に対応している。このアンテナはこういう特性なので、アンテナ選びのバイブル「受信アンテナ活用ガイドブック」には掲載されていない。
 見るからに感度の良さような外観で今までのハンディ用アンテナと比較すると長くて重い。しかしロッドアンテナである故携帯時には22cm程度と使用時93cmの2割程度になるのが便利だ。

TH-D74に装着

post-5606-2
 RH770のコネクタはBNCであり、SMAなTH-D74にはそのまま接続できないので変換コネクタを用意した。大きめのアンテナでも不安にならないよう土台がしっかりしており、しかもTH-D74のデザインに合ったいいコネクタを発見したので、そのコネクタ経由でRH770を接続。
 TH-D74のボディががっしりしているため、十分に支えることができ自立させても手に持ってもぐらつきがなく不安感はない。
 このぐらいのアンテナだったら、BNCケーブルを延長して別置きにしてもいいだろう。
post-5606-3

さて、実際の性能は…

 手持ちのアンテナで一番長いSRH940と比較する。リアルタイムに切り替えることはできないので取っ替え引っ替えで確認したところ、TH-D74のSメータ1個分RH770の方がより良く受信できている。スケルチギリギリの局もなんとか受信してくれる。
 送信についてはD-STARのレピータにカーチャンクして確認したが、違いは分からなかった。応答の受信レベルは明らかにRH770の方が強く感じられた。
 このアンテナはたたむと短くなるし、使う時には何も気にせず全て伸ばしきればいいので、非常に使い勝手がいいと思っている。今度移動運用する時にはぜひ持って行って、その性能を再確認したいと思ったのだった。


第一電波工業 ダイヤモンド BNCJ-SMAP 変換コネクター

第一電波工業 ダイヤモンド BNCJ-SMAP 変換コネクター

1,113円(05/23 11:07時点)
Amazonの情報を掲載しています

スポンサーリンク

-無線

© 2020 イエスタディズ Powered by AFFINGER5