お知らせ

本サイトは2018年7月29日をもって移転しました。
ブックマークの変更をお願いします。
新しいURLは、yesterdays.jpです。

広告-レスポンシブ

iPhone

iPhoneの中の「名前」はいくつもある

 iPhoneに設定されている名前はいくつもあって、それらが色々なところで使われている。
何がどうなっているのか、だんだんわからなくなってきたのでまとめてみた。

  1. Apple IDの名前
    iPhoneの「設定」を開くとでかでかと表示されるアレである。「設定」→「AppleID」→「名前、電話番号、メール」から変更することが可能である。この名前はAirDropで使用される名前なので、うっかり本名を周りに知らせてしまう可能性がある。この名前を変更しても決済時の名前(本名)は別に記憶されていて、支払いなどには影響しない。
  2. iPhoneの名前
    iTunesに接続した時に表示されるデバイス名である。「設定」→「一般」→「情報」→「名前」から変更することが可能である。
  3. ヘルスケアの名前
    ヘルスケアアプリ起動後のヘルスケアデータ画面右上のアイコンからパーソナルデータにアクセスすると表示される名前。そこで編集をタップすると設定できる。
  4. 連絡先の「自分」の名前
    「設定」→「連絡先」→「自分の情報」で選択した連絡先に登録した名前。
    Apple Watch 2のアクティビティの通知にも利用される。(「名前」のフィールドだけ採用されるので注意。)

Apple Watchにも名前があって、iPhoneのWatchアプリから「設定」→「一般」→「名前」から変更することが可能である。デフォルトは 「Apple IDの名前+のApple Watch」というそのままの名前である。


iPhone完全マニュアル2019 (XS/XS Max/XR/X/8/8 Plus/7/7 Plus/6sなどに対応)

iPhone完全マニュアル2019 (XS/XS Max/XR/X/8/8 Plus/7/7 Plus/6sなどに対応)

1,210円(05/06 21:25時点)
発売日: 2019/03/27
Amazonの情報を掲載しています

スポンサーリンク

-iPhone

Copyright© イエスタディズ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.