各種ガジェットとかカメラとか無線とかと過ごした日々の記録

イエスタディズ

広告-レスポンシブ

無線

TH-D74 レビュー (4) 〜Sメーターとビジーランプ〜

更新日:

 マニュアルを何度読み返しても明確な説明はない。ビジーランプはスケルチが開いて音声が聞こえた時に点灯するものだと思っている。しかしTH-D74はどうもSメーターが振れるとスケルチに関係なく点灯するようだ。これでは困る。スキャンをかけている場合、ビジーランプが点灯したらスキャンが停止してしまう。

Sメーターの動きがAバンドとBバンドで違う

 Sメーターは(1)表示なし→(2)グレーのみの表示→(3)緑の表示が信号強度に応じて左側から点灯という動きをするのだが、(2)の状態ですでにビジーランプが点灯してしまう。スケルチが効いていて無音なのに。
 必ず再現するのはBバンドをデジタルモードにして受信している時。まるで携帯電話のアンテナピクトのようにSメーターがピコピコ振れる。ビジーランプは点灯しっぱなし。同じようにAバンドで受信すると、当たり前だがSメーターは振れない。意味がわからない。

 スケルチはどちらのバンドも最低の「1」に設定している。「2」に設定するとこの動きにはならず、期待した動作(音声が聞こえるのとSメーター・ビジーランプが連動する。)となる。
 デジタルモードだけスケルチの設定を変えることはできないので、今はあきらめてデジタルモードはAバンドで使用している。
 しかし、周波数の関係でBバンドでしか使えないトレインチャンネルでは、空線キャンセラーで音声はミュートさせているが、空線信号(キャリア)そのものにSメーター、ビジーランプが反応してしまう。トレインチャンネルでスキャンができない理由はこんなところにあったのか。
 何しろKENWOOD機は初めてだからこれが普通だと言うのなら慣れるしかないのだが、AバンドとBバンドの動作は同じであってほしい。



スポンサーリンク

スポンサーリンク

-無線

Copyright© イエスタディズ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.