各種ガジェットとかカメラとか無線とかと過ごした日々の記録

イエスタディズ

広告-レスポンシブ

iPhone

iPhone 7 Plusがくる前に保護シートとケースを

投稿日:

 10月に入ったら、iPhone 7 Plusがやってくる。その前にお約束の液晶保護シートとケースを調達しておくのだ。液晶保護シートもケースも玉石混淆で自分のニーズにぴったり合ったものを探し出すのは至難の技だ。
 液晶保護シートはもちろんガラスにしたいし、ブルーライトカットはしなくてもいいから本体にぴったり吸着し浮かないもの。また、液晶画面より微妙に幅が小さいのもいただけない。画面枠と一体成型のフルカバーシートも捨てがたいが、フチがケースと干渉しては元も子もない。実際に店頭でモノを確認したわけではなく、わずかな商品説明とレビューから読み取り最終的に購入するシートを決めるのだ。値段も種類もかなりの幅があるから決めがたい。
 新機種にして最初に装着するケースはクリアタイプと決めている。新しくなった感が感じられて、デザインを隠さないようなケース。クリアケースにありがちな安っぽいプラケースは避けたいし、ねっちょりしているオールTPU素材もなんだか。困った時には過去の経験がモノを言う。iPhone 6 Plusで気に入ってつけていたspigenの製品を探すことにした。クリアケースは2点で薄く軽く装着していることを感じさせないタイプか衝撃吸収型のしっかりしたタイプ。
 本体到着までにまだ時間があるから、じっくりと選んだ末に購入したのはこの保護シートとケースだ。
post-5442-1
 ケースはspigen ウルトラ・ハイブリッド。最近iPhone 6 Plusをうっかり落としてしまう場合もあるのだが、装着しているspigen カプセル ウルトラ ラギッド ケースが守ってくれていて、傷一つつかなかった。この安心感を今回も買ったのだ。
 液晶保護シートは、WANLOK 2016 改善版 Apple iPhone 7 Plus 5.5インチ ガラスフィルムにした。大手メーカー品はいずれもシートの幅が足りないなどのレビューがあったので、初めてだがこちらにしてみた。
 さてあとは本体が来るのを待つだけだ。
 と思っていたら…
post-5442-2



スポンサーリンク

スポンサーリンク

-iPhone

Copyright© イエスタディズ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.