各種ガジェットとかカメラとか無線とかと過ごした日々の記録

イエスタディズ

広告-レスポンシブ

無線

アンテナアナライザMini60がやってきた

投稿日:

post-5162-1post-5162-2

 はるばる海を超えてアンテナアナライザMini60がやってきた。eBay落札から12日目に到着である。予想外に小さな箱で送られてきた。内容物はMini60本体と、電源のDCプラグパーツが2種類のみで取説のたぐいは入っていない。
 バッテリー内蔵のモデルを選んでいるので、外部電源に繋げなくても使えるはずだ。筐体は金属製の小箱でサイズの割に重い。上部にM型メスコネクタと電源スイッチ、下部に外部電源ジャックとminiUSBコネクタ、正面には液晶ディスプレイと赤い操作ボタンが6つ配置されている。

post-5162-3

どうやって使う?

 アンテナを接続し電源を入れると、液晶ディスプレイのバックライトが点灯し、周波数表示(14MHz)とSWR値が表示される。取説が無いので、ネットで情報収集するのだ。

操作ボタン(左から)

[SET]:セットモードに入る。(PC LINK/STEP SIZE/SUSPEND TIMEOUT/CALIBRATION/SOFTWARE UPDATE)
[SCAN]:BANDボタンで選択したBANDでスキャン開始。バンド毎のスキャン範囲は別表参照。共振点でBEEPがなる。スキャン範囲上限で自動停止してSWR最小の周波数を表示してくれる。
[MODE]:測定データ選択。インピーダンス/複素インピーダンス/キャパシタンス/インダクタンス
[BAND]:測定バンド選択。160M~6M。日本のアマチュアバンドに無い周波数もある。押すたびにサイクリックにバンドが変わる。
[UP]:表示されている周波数を上側に動かす。SETモードではキャンセルボタンとして働く。
[DOWN]:表示されている周波数を下側に動かす。SETモードでは確認ボタンとして働く。

セットモード

SETボタンで項目を選択し、DOWNボタンで実行する。
PC LINK:BluetoothがONになり、Androidと接続できるようになる。
STEP SIZE:スキャン時と周波数UP/DOWN時のステップ量を設定する。 10Hz, 100Hz, 1kHz, 10kHz, 100kHzから選択。
SUSPEND TIMEOUT:オートパワーセーブするまでの時間を設定する。OFF, 30秒, 60秒, 90秒から選択。
CALIBRATION:標準抵抗を接続して、本機を校正する。
SOFTWARE UPDATE:USB経由で内部のソフトウェアをアップデートすることができるようだ。

各バンドのスキャン範囲

バンド 下限 中間 上限
160M 1,000.000 1,800.000 2,000.000
80M 2,000.000 3,700.000 5,000.000
40M 5,000.000 7,100.000 8,000.000
30M 8,000.000 10,100.000 11,000.000
25M 11,000.000 12,000.000 13,000.000
20M 13,000.000 14,100.000 17,000.000
17M 17,000.000 18,100.000 19,000.000
15M 19,000.000 21,000.000 23,000.000
12M 23,000.000 24,900.000 26,000.000
11M 26,000.000 27,000.000 28,000.000
10M 28,000.000 29,000.000 31,000.000
8M 31,000.000 40,000.000 49,000.000
6M 49,000.000 51,000.000 53,000.000

計測してみた

 自分的に一番に調整したい7MHz(40m)で計測してみる。BANDボタンで40Mを選択し、SCANボタンを押す。5MHzから結構なスピードでスキャンしている。途中何度かBEEPが鳴る。8MHzまで到達するとSWR最小の周波数が表示される…6.9MHz。結構下で共振していることがわかった。この状態でUP/DOWNボタンを押すとその周波数近辺のSWR値が確認できる。
 HV7CXでは、エレメントをカットしSWRを測るを繰り返し、自分に最適な周波数まで追い込んでいくのである。やっぱりアナライザがないと調整は無理だわ。






スポンサーリンク

スポンサーリンク

-無線

Copyright© イエスタディズ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.