各種ガジェットとかカメラとか無線とかと過ごした日々の記録

イエスタディズ

広告-レスポンシブ

レビュー

ダイソンDC61がやって来た

更新日:


 某テレビショッピングで以前から気になっていたダイソンの掃除機DC61を購入した。延長ホースとブラシが付いてくるセットだ。
 掃除機には似つかわしくないブラックの箱は開け方がさっぱり分からない、日本製品ではありえない箱だった。そんな箱から出てきた本体は既に充電がされていて、ブラシと合体してすぐに使い始められるようになっていた。
 今までの掃除機はいわゆるキャニスター型でこのようなハンディ型は初めてである。DC61は小型だが意外と重い1.5kg。動かして最初に感じたのは、動作音が今までの掃除機と比べうるさくない(我慢できる)ということ。キーンという高い音である。それと本体を構えて、左右方向にかなりの勢いの排気が出てくるということだった。油断しているとモロに顔面に排気を食らってしまう。
 動作確認の意味で部屋を掃除してみたところ、結構な量のホコリが取れたがもちろん最大許容量には程遠い量だ。早速ゴミ捨てもしてみたら、綿ぼこりのような軽いものは、ゴミ捨てのフタが開いても下に落ちず真ん中の筒の部分にへばりついてしまっていた。ある程度ゴミがたまったところでゴミ捨てするようにしよう。

 それから気に入って使っているのだが、ゴミ捨てについてはもう少しレビューしておきたい。
 吸い取ったゴミは基本的にカップの底に溜まるのだが、それ以外にカップ上部、吸い込み口付近、カップと内部部品(青い筒)との間に溜まる。カップはレバーを下に押し下げることにより底が開くのだが、CMのように華麗にゴミは落ちてくれない。
 かなりの勢いで底が開くので、自重のあるゴミは落ちるが、細かいほこりは舞うことになる。そして底以外に張り付いているゴミはカップを外さないと取れないのであった。カップの脱着はこれまた簡単にできるので苦にはならないが、面倒なのは確か。
 こいつを買ってから、今までの掃除機の出番が激減してしまった。とはいうものの部屋全体をDC61で掃除する気にはなれないので、まだまだキャニスター型は我が家に必要なのである。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-レビュー

Copyright© イエスタディズ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.